女性 仕事

サイトマップ

女性の仕事

大抵の人は、仕事を持っている女性でも、家事や育児も女性の仕事として遂行すべきだと思っているようです。最近は共働きの人が増えています。ご夫婦の合意に基づいて、料理や掃除の一部を夫の仕事としているところもあります。男性の中には、家事は女性の仕事だと思っている人がいまだに多いのも事実です。働く女性の中には、仕事が終わって帰ったら、寝るまで家のことをしているという人もいます。家のこともやり、仕事も終わらせるためには、時間の融通をつけながら効率的に作業をしなければなりません。社会に必要とされ、仕事をすることがより面白いと、仕事を軸に据えた生活をしている女性もいます。仕事を5年、10年と続けて、結婚や出産を経験しても尚、仕事を辞めることなく続けている女性もいます。子どもを産んだ女性の中には、半年と経たずに職場に戻ってくるという人もいます。まだまだ日本でのビジネス社会での女性の地位は低いと言われています。ただし、最近では重役や役員に女性がなることがあるなど、変化の兆しが見えてはきています。仕事場での、女性の存在感が高まってきている証ともいえますので、働く女性にとって嬉しいところです。

仕事と子育てを両立する工夫

最近では、仕事をしながら子育てもしている女性は多いですが、仕事と子育ての両方を続けられなくなっている方もいます。上手に仕事も子育てもこなしている人はどんな工夫をしているのでしょうか。使える時間をどう使うかが、子育てと、仕事のどちらもやるためには大事です。仕事の上で大事ことは情報をなるべく他の人と共有すること、自分が休んでも良いように準備をしておくことです。何かあった時に、自分がなければ作業ができないということがないよう、仕事の内容によっては2人体制で当たるといいでしょう。家の中でも、互いの情報を融通し合うことが大事です。仕事にしろ、家事にしろ、育児にしろ、自分一人でできることには限りがあります。トイレットペーパーなどの日用品の置き場や、よく使う電化製品の使い方、掃除用具やアイロンの置き場などはみんなで知っておきます。保育園や幼稚園に登園するときの荷物の準備などは母親だけではなく、夫や子どもも把握できるように工夫しましょう。仕事と子育てのどちらもできる状況になるには、子育てでしなければならないことを夫婦で一致団結して行うようにしましょう。子育て中は独身のころと違っていつ何があって仕事がストップするかわかりません。締め切りより早めに仕事が済ませられる状態にしておくことで、不測のトラブル時にも対応可能です。仕事もして、子育てもしてという生活はなかなか大変ですが、日々の工夫によって負担を軽減することも可能です。

「女性だって働きたい!」について

女性と仕事について

Copyright © 女性だって働きたい!. All rights reserved